21 Feb
21Feb

秋山さんから託されたJACO10の一企画。その話をする前に、簡単にJACO10の説明をさせていただきます!JACO10とは、緊急事態宣言中の世の中、いつ終わるのかもわからないコロナとの闘いに不安で夜も眠れない人達のために、秋山監督が代表を務める映像制作会社JACOにゆかりのある俳優が集まって平日夜10時は生配信をしようという企画!その中の水曜日をテルミンに任せていただく事になったのです!そして始まったのが


「テルミンといっしょ」


テルミンをMCに、ゆかりのある俳優をゲストに呼んでトークや宣伝をしてもらうという企画。まさか、テルミンがメインをやらせていただけるなんて!これはテルミンを沢山の人に知ってもらえるチャンスだ!この企画のお話をいただいた時、とても嬉しかったことを覚えてます。

ただ、僕は話すのがとても苦手です!!ましてやMCなんか絶対に無理!!!不安な気持ちも沢山ありましたが、なんとかテルミンといっしょに毎週生配信を頑張ってました。

その時の様子がLINELIVEに上がってるので是非見てください↓

https://linliv.ee/jBWyMZo/co/ot/sh/pl


当時はこの「テルミンといっしょ」から映画「朝陽が昇るまで待って」の撮影までいくとは微塵も考えていませんでした。きっかけというのは何処に転がってるかわからないなと、当時を振り返ってみて改めて思います。あの時「話すの苦手だから生配信やだなー」と思って秋山さんの話を断ってたら「朝陽が昇るまで待って」という作品は生まれてなかったかもしれないし、僕もモザイクに入ってなかったと思う。もしかしたらコロナのせいで役者を辞めていたかもしれない。一つの決断で人生面白いくらいに変わっていくんだなと改めて実感しました。


「朝陽が昇るまで待って」の中でとても好きな台詞があります。


「踏み出して終わるなら、それって始まりじゃありません?」



踏み出すことはとても怖いです。色んな人に恨まれるかもしれないし、大切なものを失うかもしれない。それでも、勇気を出して踏み出した一歩は新たな始まりのための一歩でもある。「テルミンといっしょ」を初めの一歩とし、僕とテルミンの歩みは映画化に向けてどんどん進んでいきます。


明日からは僕がモザイクに入るまでを話していきたいと思います!

吉木遼

コメント
* メールはウェブサイト上に公開されません。